霜月(十一月)の茶趣  炉開き 口切り 紅葉狩り
茶の湯の一年は、霜月の炉開き、口切の茶に始まります。立冬を迎え寒さを覚える頃に炉が開かれ、茶壷の口の封印を切り、茶葉を挽き、お茶を点てます。まさに茶の湯の正月といわれるめでたいこの頃は又、紅葉の美しい季節でもあります。炉開きにふさわしいご祝儀や、紅葉狩りの趣向を取り入れた取り合わせをお楽しみください。

遠州緞子風炉先(大・片腰)高さ:約73cm/幅:江戸間(約85cm)・
京間(約94cm)
¥62,000(送料\2,000別途) 

写真をクリックして下さい。拡大されます。
志戸炉水指

\150,000
伏見窯、御本御所丸茶碗

\80,000(定価¥90,000)
竜田川蒔絵大棗

\115,000
金彩腰張秋草文薩摩茶碗 
暁山作
\37,500
楓文茶碗
暁山作
\37,500
染付 辻堂香合

\10,500
 唐銅 火屋(穂屋) 香炉形蓋置

\18,400
信楽 茶臼香合
楽斉作
\16,400

〔Home〕