師走・極月(十二月)の茶趣 歳暮・除夜の釜
師走になると、日ごろお世話になっている方や、親しい友人を招き、一年の感謝の気持ちとゆく年に愛惜をこめて歳暮の釜がかけられます。また大晦日、新春を迎える準備が全て整えられた後に掛けられる除夜の釜は、大変情緒的で主客共に楽しみの多いものであります。師走の気忙しさの中、一息つきたい時に侘びの趣向でお茶を一服差し上げてはいかがでしょうか。

遠州緞子桑縁風炉先(裏網代)¥62,000 七宝釜(特価)¥98,000(定価¥110,000)
 
南禅寺山門古材炉縁(特価)¥210,000

煤竹茶杓 卓巖師書付 銘「看々臘月尽」¥75,000

写真をクリックして下さい。拡大されます。
信楽破れ袋水指
瑞峰窯
\37,000
高取ろうそく手茶入
元永彰一作

\29,000
伏見窯 御本四方茶碗

特価\80,000(定価¥90,000)
織部夜学蓋置 
鉄山作
\31,000
茂三御本手茶碗
加藤錦雄作
\28,400
松葉散らし棗
中村宗伊作
\82,000
柴舟棗 
中村宗伊作
\184,000
万暦赤絵香合

\4,000
仁清写雀香合
芳正作
\12,000

〔Home〕