1701

睦月(一月)の茶趣    正月 点初め 初釜

新しい年の始まりを祝う正月の釜と、精進する気持ちを新たにする点初めと、ともに若々しい気持ちで臨みたいものです。
寒さの中にも春を感じ取る心を大切に、この月の名のとおり仲むつまじくお過ごしください。

若水を汲む手桶をかたどった水指の朱と突羽根蓋置の銀色が真塗の長板に映え、
新春らしい晴れやかさを表す取り合わせです。



風炉先 遠州緞子・全面一尺八寸(京間・江戸間をご指定ください )\63,000(送料2,000円別途)
炉釜 松竹梅地文広口 根来琢三 特価\490,000(定価\525,000)
水指 遠州好 朱手桶 中谷光哉 \399,000
茶器 宗実家元好 銀河釉 末広 中尾哲彰  \160,000
茶碗 紅心宗匠乙酉歳好 対州 筒 武末日臣  蓋置 南鐐 突羽根 般若勘渓 \72,000
茶杓 孤篷庵 小堀卓巖師銘 しみ竹「明歴々」 \73,500
建水 好 塗曲建水 \157,500




水指
高取 烏帽子
十三代高取八山
\306,000


花篭 唐物写 和田鱗司
\120,000
お稽古道具のご案内


茶入 翁写
笹田有祥
¥44,625



茶碗 瓔珞酉文
\2,300


香合
干支酉
蒲池窯
\2,100
武末日臣作品 ご紹介   
武末氏は、朝鮮半島と日本を結ぶ位置にある対馬(対州)で代々の神職を継ぎ、作陶に励んでいます。
どっしりとした井戸茶碗は細かな貫入と、釉薬の白い流れが景色となっています。
刷毛目茶碗は、刷毛の動きに力強さと速さを感じさせ、白い刷毛目の中に、
海流を連想させるような淡い変化が見られます。

茶碗 対州  井 戸 


特価 \200,000 (定価 \210,000



茶碗 対州 刷毛目


特価 \150,000 (定価\157,500)
武末 日臣 (たけすえ ひおみ)略歴
1955年 長崎県上対馬に生まれる 
1989年 高麗李朝陶研究のため渡韓
             井戸、三島等の古窯跡発掘調査を行う
1990年 対州国島大国魂神社神職となる
1994年 対州大浦に窯を築く
1996年 以後、全国各地にて個展開催
2001年 遠州茶道宗家 紅心宗匠のご指導により、辛巳歳好井戸三島の茶碗を製作する
2003年 遠州茶道宗家 紅心宗匠の御好みの傘寿記念の粉引茶碗を製作する
2004年 遠州茶道宗家 紅心宗匠のご指導により乙酉歳好み筒茶碗を製作する