200504

卯月(四月)の茶趣    炉の名残 お花見

4月は桜の花に彩られ、入学、入社などの新しい出発があります。
それらを祝うお茶会や花の下での野点は、ことに心楽しい事でしょう。
一方月末頃は、しみじみと炉の名残を惜しむ一服を頂きたいものです。

温かくなった気候にあわせ、炉を覆うような透木釜を掛けて火気を遠ざけています。硯塀を用いて書院の清雅な
趣を演出し、炉の名残を惜しみつつ春を喜ぶ心を、遠山の霞に花が浮かぶような景色の茶碗に託してみました。


風炉先  遠州緞子・全面一尺八寸(京間・江戸間をご指定ください)\68,000(送料\2,000)
炉縁 真塗 七宝文つなぎ蒔絵 新田義明 \280,000
水指 瀬戸 耳付 筋 歌銘 「岩根」紅心 宗慶宗匠箱書 特価\520,000(定価\543,000)
(耳は瑞祥の亀の形です)
硯塀
 御好 黒柿七宝透かし 特価\45,000(定価\50,400)
茶碗 呉器 清水久嗣 \144,000
茶杓 孤篷庵 小堀卓巖師銘 「和気到祥」(染み竹) \73,500
透木 御好 極上 黒柿  \8,925(朴の木\4,200))


茶入
志戸呂 青嶋久史
特価\140,000
(定価\157,500)

老松地文平蜘蛛透木釜
般若勘渓
特価\260,000
(定価\304,500)
蓋ツマミまでの高さ17.6cm
羽の径32.5cm、胴径25cm

無地肩衝透木釜
般若勘渓
特価\260,000
(定価\304,500)
蓋ツマミまでの高さ18cm
羽の径32cm、胴径27.7cm

特価期間 平成17年3月31日まで


ギャラリーきほうselection
井伏圭介氏作品

井伏圭介氏は紅心 宗慶宗匠お好みの南鐐瓢箪切合風炉釜や南鐐七宝透し蓋置などを製作されました。
伝統の技の上に斬新な感性を生かした気品ある彫金作品から、豊かなイメージが広がります。

布目糸象嵌鍛鉄銅接合茶器
特価¥550,000
(定価¥600,000)
布目糸象嵌鍛鉄銅接合茶器
特価¥550,000
(定価¥600,000)
布目糸象嵌鍛鉄銅接合茶器
特価¥550,000
(定価¥600,000)


南鐐 布目象嵌 建水
特価¥420,000(特価¥500,000)


井伏圭介氏略歴

1930年 東京にて生まれる
1950年 遠藤_司、海野健夫、三上猛夫に彫金・鍛金を師事
1957年 生活工芸展 奨励賞受賞
1958・59年 日展入選
1963・64年 光風会展 会友賞・会員賞受賞
1974年 伝統工芸新作展 日本工芸会東京支部賞受賞
1976年 伝統工芸武蔵野展 奨励賞受賞
1977年 伝統工芸金工部会展 文化庁長官賞受賞
1979年 伝統工芸金工部会展 日本工芸会賞受賞
1980年 伝統工芸金工部会展 奨励賞受賞
      日本伝統工芸展 総裁賞受賞
1983年 日本橋三越本店にて個展
      以後同所にて個展開催
1989年 伝統工芸展 重要無形文化財保持者選賞受賞
2002年 勲四等瑞宝賞受賞
現在   日本工芸会正金工部会員
      遠州流職方向栄会会員


お稽古道具のご案内


野点篭(小・金)
¥12,600
篭に小茶碗・棗・茶筅・茶杓が
セットされています

お花見とともに
スリムボトル(0.49L)
¥3,675
直径7cm(口径4cm)高さ23cm
重さ0.3kg
携帯に重宝、おしゃれな淡いグリーンのステンレスの魔法瓶です


小服重ね茶碗
色絵七宝つなぎ文
特価¥28,000
(定価¥30,000)